【厳選】深圳の中華レストラン紹介【四大料理・飲茶・火鍋】

2021年5月11日

中国にいるからには、できるだけ、本場の中華料理にも、親しんでおきたいところですね。

幸い、深センは、中国全土から中国人が集まっていることから、中国各地の料理を楽しむことができます。

以下、美味しく、リーズナブルに中華料理を楽しめる、深センのレストランを取り上げてみました。

深センの中華レストラン

東北人(東北料理)  民芸風の内装は一見の価値アリ

東北人」は、その名のとおり、中国東北料理の店です。濃厚ではあるが、辛くなく、素朴でまったりとした味は、日本人にも非常にあうと思います。

オススメは「地三鲜(でぃーさんしぇん)」 じゃがいもと茄子とピーマンを、強火でパリッと炒めたシンプルな料理で、食がすすむことうけあい。

また、水餃子や饅頭(マントウ)もなかなかです。水餃子は、豚肉以外にも、白菜、トマト、セロリなど具材が豊富で、イロイロな味を楽しめます。

また、料理ばかりではなく、東北地方の民芸風の内装や店員の服装は、一見の価値があります。店員が、タイムサービスで、東北民謡を歌ってくれたりするサプライズもあります。

(場所)羅湖南湖路、他

老郷村(湖南料理)

湖南料理」は、唐辛子をふんだんに使い、とにかく辛いことが特徴です。その辛さは「四川人辣不怕,湖南人怕不辣」(四川人は辛くとも恐れないが、湖南人は辛くないことを恐れる)ということわざもあるくらい、筋金入り。

そんなマニアックな?湖南省人が多い深センは、湖南料理屋がとにかく多いです。

中でも「老郷村(らおしゃんつん)」は、うまい、早い、安いの三拍子そろったチェーン店で、いつも、たくさんの人でにぎわっています。

ちなみに辛いのが嫌な人は、「微辣(うぇいらー)」にすれば、問題なく食べられるので、ご安心を。

写真は、魚のお頭に唐辛子をふんだんに使った「魚頭(ゆーとう)」湖南料理のオススメの一品です。

(場所)深セン市内、多数店舗あり。

鼎泰丰  台湾「小籠包」の名店

鼎泰丰(でぃんたいふぉん)」は、言わずとしれた、台湾小龍包(しょうろんぽう)の名店。

小粒な外観からは、想像もできないような、美味でジューシーな味わいは、一度は、試して見る価値は十分にあります。

中の汁は熱いので、急いで食べようとすると、やけどしてしまうので、注意してください。

(場所)大劇院近くの万象城他、市内、数カ所。日本にも支店あり。

巴蜀風(四川料理)

四川料理といえば、中国四大料理の一つで、麻婆豆腐などで有名ですが、「麻辣(まーらー)」という、しびれるような辛さが特徴です。

「巴蜀風」は、正宗で地道な四川料理が味わえ、いつも大勢の中国人でにぎわっています。

(場所)地下鉄科学館駅B出口 徒歩10分。

佳宁娜酒楼  北京ダックも楽しめる

中華料理の中でも、日本人に人気のメニューといえば、やはり、北京ダック(北京烤鸭/べいじんかおやー)ではないかと思います。

薄くスライスした鴨を、薄皮に巻いて食べる北京ダックは、

深セン市内でも、いろいろなところで食べることができます。

この佳宁娜酒楼もその一つで、リーズナブルに北京ダックを楽しむことができます。

(場所)羅湖区人民南路佳宁娜友誼広場三階

漓江又一轩(広西料理)

珍しい桂林漓江地方の料理。

桂林といえば、世界遺産で有名ですが、桂林米粉をはじめ、日本人には、割と食べやすいメニューが多いです。

生簀で泳いでいる魚を選べば、その場で調理してくれます。

(場所)華僑城、彩田、梅林

云海肴(雲南料理)

雲南省といえば、東南アジアと接し、少数民族が多く住む山岳地帯。

そのため山の珍味を使った料理が多く、特にきのこ類はふんだんに使われます。

味付けはあっさりで、南方特有の少し甘みのある料理が多い感じです。

(場所)国貿の金光華広場五階(出前もあり)

飲茶(やむちゃ)

広東省といえば、やはり飲茶(やむちゃ)は外せません。ホテル(酒点/じゅーでぃえん)のレストランなどでは、午前から午後3時くらいまでが飲茶タイムになっています。

席に着いたら、まずお茶の注文をします。(プーアル茶、ジャスミン茶、烏龍茶、鉄観音などいろいろ。)

点心(でぃえんしん)」の注文は、注文表に書き込むのが主流。小籠包、烧卖(しゅーまい)、虾饺(えびシューマイ) など、おなじみの点心を、美味しく、リーズナブルに味わうことができます。

丹桂軒

丹桂軒(たんぐいしぇん)」は、リーズナブルに、飲茶が楽しめます。

昼時は込む場合があるので、事前に電話で予約しておくのが、いいでしょう。

 

(場所)羅湖人民南路 新都酒店ほか

潮江春

潮江春(ちゃおじゃんちゅん)」は、陽光酒店内にあるレストランで、昼時は、飲茶タイムになっています。(写真はエントランスホール)

昼時は、広々としたホール内が、大勢の中国人でいっぱいになります。

かなりの人で混み合うので、できれば、予約をとっておきたいところ。

(場所)羅湖陽光酒店内

火鍋

「火鍋(ふぅおぐぅお)」は、中国式のしゃぶしゃぶのことで、どこの火鍋店も大勢の中国人で賑わっています。

海底捞

中国の火鍋チェーンは多いですが、やはり「海底捞」(はいでぃーらお)は、外せないところでしょう。最近は、日本にも支店が増えてきているので、知っている人も多いかもしれません。

ポイントは、客に対して、いたれりつくせりのサービス。

ただ、過剰とも言えるサービスが、我々外国人にとっては、かえって、対応するのが面倒くさいということもあります。

(場所)金光華広場など、市内各所

小肥羊

小肥羊(しゃおふぇいやん)」は、火鍋の老舗チェーンです。

羊のマークがトレードマークですが、羊肉だけでなく、他の肉も扱っています。

こちらも、日本に支店があります。(写真は、京都三条の店)

(場所)深セン市内各所

香港・シンガポール系 レストラン

深センには、近年、ショッピングモールのテナントとして、国内以外の有名中華レストランも進出しています。

レイガーデン(利苑)

香港の有名レストラン、レイガーデンが、深センにもあります。

飲茶も絶品です。

(場所)大劇院万象城南区

翡翠拉面小笼包(クリスタルジェイド)

KKモール内に、シンガポール系中華レストラン、「クリスタルジェイド」があります。

麺、お粥、点心など、洗練された中華料理が、美味しく味わえます。

(場所)KKMALL、深業上城など