深圳のショッピングモール(购物中心)

2021年5月11日

近年、深センには、地下鉄の駅に隣接して、ショッピングモール(购物中心)ができ、大変便利になっています。明るく、広く、清潔感あふれる店内は、いつも中国人たちで賑わっています。

似たようなテナントが入っているという感じは否めませんが、それでも、以前に比較すると、断然、生活しやすくなったことは、確かです。

以下、深センの主要、ショッピングモールについて、紹介してみます。

深圳のショッピングモール(购物中心)

1 シティックシティプラザ(中信城市広場)

シティックシティプラザ(中信城市広場)には、イオン(永旺)が中核的なテナントとして入っています。
また、「吉野家」「スターバックス」などの外食産業、シネマコンプレックスなどが入居しており、ここだけで日常生活からレジャーに関して、ほとんどの用が足りるほどです。

また、地下鉄6号線の開通によって、アクセスもよくなっていますが、難点としては、駅から「イオン」のスーパーまでが、少し距離があるということでしょうか。(地下鉄「科学館」駅徒歩5分)

イオンの店舗(深セン市内)

ちなみに、深セン市内のイオンは、シティックプラザ以外にも5店舗あります。以下、各店舗と最寄りの駅です。詳細については、イオン、ホームページでご確認ください。

  • シティックシティプラザ店  地下鉄「科学館」駅
  • 新州店   地下鉄「石厦」駅または「 沙尾」駅
  • 東湖店   地下鉄「太安」駅
  • 丹竹头店  地下鉄「丹竹头」駅
  • 宝安中心店 地下鉄「宝安中心」駅

イオン(永旺)ホームページ

2 金光華広場

 

 

金光華広場(じんごゎんふぉわ)は、国貿駅下車すぐにあるショッピングモール。

TASTE」という香港系スーパーをはじめとして、「ZARA」をはじめ有名アパレルブランド店やスターバックスなど外食チェーン店が入居しています。(ユニクロは、別の場所に移動しました。)

5-6階にレストラン街には、「九毛九」「海底捞」など各種レストランがあって、賑わっています。

また、夜になると、広場は、ダンスやカラオケをする中国人たちで、溢れかえっています。

3 万象城

高級スーパー「Ole」をはじめ、ブティック(REEL・時尚生活百貨)「MUJI」、外食チェーン店、家電量販店、シネコンと、日用品からレジャーまで、ほとんどすべての需要に対応しています。

また、付近には「グッチ」「プラダ」など、高級ブランド店が軒を連ね、ますます高級志向を強めています。

特筆すべきは、館内のスケートリンク(滑冰场)でしょう。南国深センで、年中スケートも楽しめます。

地下鉄「大劇院」下車

4 KKモール(京基100)

深センのランドマーク「京基金融中心」(京基100)に併設された、ショッピングモールです。

ファストファッションの「H&M」や、高級スーパー「Ole」、レストラン「翡翠餐饮」「俏江南」、「バーガーキング」、映画館「UA影院」まで、生活、娯楽のすべてを網羅しています。

地下鉄「大劇院」下車

5 華強北商業街

電子街として有名な「華強北」(ほわちゃんべい)ですが、近年、地下鉄路線が、複数、乗り入れてきたことも合って、地下街が誕生し、一大ショッピング街として再生し始めています。

もともと、あった「茂業百貨」の他、地下に、新たな、グルメ街、ファッション街ができ、新たな客層を呼び寄せています。今後、どのような発展を見せるか、楽しみな地区です。

地下鉄「華強路」駅、「華強北」駅下車

6 COCOPARK

福田中心区に位置し、ショッピングモールと言うよりは、アミューズメントパークといった趣のあるのが「COCOPARK」です。イベント関連も多く、土日は、多くの家族連れで賑わいます。

イオンが撤退してから、日本人にとっては、少し寂しくなりましたが、そのあとには「超級物種」という高級スーパー(写真)が入居しています。

この地区には、この「COCOPARK」以外にも、「中心城」「LINKCITY」などもあり、地下全体が、巨大なシェルターと化していいる感があります。

地下鉄「購物公園」駅下車すぐ

7 ホリデープラザ(益田假日広場)

テーマパーク「世界の窓」の向かい側にあります。

高級スーパー「Ole」、アイススケート場、映画館、トイザらスなどが入居しています。

地下鉄「世界の窓」駅下車すぐ

 

8 海岸城

近年、発展著しい南山区の中心に位置するのが「海岸城(はいあんちゃん)」です。

スーパーを始めとして、ファッションブランド、シネコン、など多数。イオンが撤退したのは日本人にとっては、少しさびしいですが、ユニクロ(优衣库)は、まだあるようです。

この海岸城から、茂业百貨、南山書城、ホリデインにかけてのこの后海(ほうはい)地区は、巨大な商業地区となっており、日本人もかなり多い地区です。

地下鉄「后海」駅すぐ

9 ヨーロピアンシティ(欧州城)

その名の通り、欧州の有名ブランドモールが勢揃いしています。

1.25平方キロメートルという広大な敷地内には、スウェーデン家具のイケア(宜家)をはじめ、イギリスのホームセンター・B&Q(百安居)、ドイツのスーパー・メトロ(麦徳龍)、フランスのスポーツ用品専門店・デカトロンなどが入居しているほか、順電、香江家居といったローカル大型店も軒を連ねています。

地下鉄駅からはなり離れた場所にあり、行きにくいので、タクシーを使うか、あるいは、地下鉄「世界の窓」駅等から、欧州城行きのバスを使うといいと思います。

イケア(宜家)

「ヨーロピアンシティ(欧州城)」の中核となっているのが、宜家(いーじゃー/イケア)です。

30000㎡の広々とした店内には、9000以上もの商品が陳列されており、週末は、多くの中国人で賑わっています。(週末は特に大混雑になる)

中間地点には、食事コーナー、一階レジ前には、おなじみのソフトクリームもあります。

デカトロン(迪卡侬)

フランス系のスポーツ用品店「デカトロン(迪卡侬/でぃーかーのん)」は、広々とした店内に、ゴルフやテニスをはじめとするスポーツ用品や、登山、自転車、釣りなどのアウトドア用品など、取り扱っています。

 

 

B&Q(百安居)

B&Q(百安居)は、イギリス系の大型ホームセンターです。

フローリング、タイル、壁紙など、内装用品をはじめ、工具、ペンキ、園芸用品など日用品のほとんどを取り扱っています。

また、内装の設計から工事まで行う内装請負のサービスも行っています。