深圳で食べる

一口に、中華料理といっても、四川料理や広東料理など様々ですが、東北料理(东北菜/どんべいつぁい)なども、日本人の口に合うものの一つだと思います。

中華料理にはつきものの、唐辛子(辣椒 ...

深圳で食べる

朝、中国の街頭を歩いていると、いたるところに、朝飯を売る露天のスタンドがたっているのを目にするかもしれません。何段にも積み重ねられた蒸籠からは湯気が立ち上り、そこに、出勤途中の人が立ち寄っては、 ...

深圳で食べる

中華料理に飽きてきたときに、ふと食べてみたくなるのが、エスニック料理ですね。

中国でも、最近、食が多様化してきているせいか、手頃な価格でエスニック料理が食べられるようになってきました ...

深圳で食べる

蘭州拉麺、担々麺、桂林米粉、などなど、中国の面は、日本のラーメンとは違った味わいとバラエティがあります。しかも、「安い、美味い、早い」と三拍子揃っていて、小腹がすいたときに食べるには、非常にあり ...

深圳で食べる

中華レストランとかではなく、もっとカジュアルな、そのへんにあるローカルのめし屋に、ふらっと入って食べてみるのも、中国生活ならではの醍醐味でしょう。

例えば「木桶飯(むーとんふぁん)」 ...

深圳で食べる

中国の食で欠かせないものといえば、やはり「鍋物」でしょうか。

中国にも「火鍋(ふぉーごぅお)」という、いわゆる中国式しゃぶしゃぶが、街なかのいたるところにあります。日本の鍋に比べると ...

深圳で食べる

中国各地から人材が集まる深センは、中国各地のレストランが軒を連ねていますが、なかでも多いのが湖南料理屋でしょう。

湖南料理は、辣椒(らーじゃお)という中国の唐辛子を大量に使用し、非常 ...

深圳で食べる

以前、茶餐厅について紹介しましたが、庶民っぽい雰囲気の店だと、外国人である日本人には敷居が高いかもしれません。そういう場合、香港の大手茶餐厅「翠華」などを利用してみてもいいと思います。

深圳で食べる

深センで、日本のカレーライスを食べたいときに、やはり外せないのが、ココイチのカレーではないかと思います。

幸いにして、深センには、少ないながらも、COCO壱番屋のカレーがあります。

深圳で食べる

中国の街なかを歩いていると、たまに「蘭州ラーメン(兰州拉面)」という看板をよく見かけるかもしれません。「蘭州」は、中国の西北(シーベイ)にあり、少数民族、とりわけイスラム教徒が多い地域です。