深圳で食べる

以前、茶餐厅について紹介しましたが、庶民っぽい雰囲気の店だと、外国人である日本人には敷居が高いかもしれません。そういう場合、香港の大手茶餐厅「翠華」などを利用してみてもいいと思います。

深圳で食べる

深センで、日本のカレーライスを食べたいときに、やはり外せないのが、ココイチのカレーではないかと思います。

幸いにして、深センには、少ないながらも、COCO壱番屋のカレーがあります。

深圳で食べる

中国の街なかを歩いていると、たまに「蘭州ラーメン(兰州拉面)」という看板をよく見かけるかもしれません。「蘭州」は、中国の西北(シーベイ)にあり、少数民族、とりわけイスラム教徒が多い地域です。

深圳で食べる

福田会展中心駅近くのリンクシティにくると、だいたいココイチでカレー食べて帰ってしまう事が多いですが、今回、ちょっと、別の店を紹介してみたいと思います。

以下の、「寺門(すーめん)」は ...

深圳で食べる

中華料理や飲茶もいいですが、たまには、路上で気軽にローカルフードを楽しむのもまた中国ならではの楽しみといえるでしょう。

深センの東門などに行くと、麺類、串といった、いわゆる「小吃(し ...

深圳で食べる

中国では、日々、何を食べるのかというのは悩ましいところですね。ローカルの店は、そこら中にあるとは言っても、なかなか日本人の感覚にあう店というのは少ないです。

今回は、自分がたまに利用 ...

深圳で食べる

ローカルの食事に飽きたとき、やはり食べたくななるのが、日本の牛丼ですね。

幸いにして、深圳には、吉野家(じーいえじゃー)が結構あります。ただ、システムやメニューがローカル化していて、 ...

深圳で食べる

さて、せっかく広東省にいるからには、やはり飲茶(やむちゃ)は、しておきたいところですね。

深センも、広東省なので、美味しい飲茶が食べられる場所は、至るところにあります。

...

深圳で食べる

中国にいると、常に何を食べるかということで悩みは尽きません。

日本料理屋ばかりでは高くつくし、中華レストランは少人数で食事をするには不都合。かといって、出前やファーストフードばかりで ...

深圳で食べる

以前、中国のベーカリーのことを紹介したかと思いますが、食パン・サンドイッチ・菓子パンなど、スーパーに置いてあるような、いわゆるフツーのパンについても、日本とはかなり状況が異なります。