中国のマクドナルド(麦当劳) スマホでの注文方法について

中国在住しているとファーストフード(快餐/くわいつぁん)を利用することも多いかと思います。

なかでも、マクドナルド(麦当劳/まいだんらお)は、日本人にとっては、やはり外すことができない外食手段ではないでしょうか。

そのマクドナルドですが、最近、スマホの普及、コロナの流行などもあって、注文、受け取り方法もだいぶ様変わりしてきています。

以下、中国のマクドナルドで注文方法について、ご紹介してみたいと思います。

中国のマクドナルド 注文方法は3つ

マクドナルドの注文方法は、大まかに分けると、以下の3つにわかれます。

1 カウンターで口頭で注文
2 店頭にあるタッチパネル(写真)で注文
3 スマホで予約注文

1は、従来からの方式ですが、現金しかもちあわせていない(スマホ忘れた)とか、たまたまカウンターしか注文窓口が開いていない場合しか使っていない気がします。
2は、店頭にある、タッチパネル方式注文システムをで注文する方法です。注文システムの画面上で注文を完結させ、あとは、注文したものを、カウンターまで取りに行くだけです。
中国語が苦手な外国人には、もってこいですが、結構、選択肢が多いので難儀するのと、あと、混雑してくると、ふさがってしまうことが多いこと、さらに、コロナ下の今、タッチパネル上の衛生度に不安が残るシステムだと思います。

というわけで、今、一番、主流になっているのが、3のスマホ上で注文して、マクドナルドのカウンターで現物を受け取るシステムでしょう。結構、選択項目は多いですが、慣れれば早いし、現在のコロナ下においては一番、いいシステムだと思います。
自分も、最近は、もっぱら、この方式で注文して、下に行って、カウンターに用意しているのを、勝手に持って帰るだけになってます。(店員は、確認すらしないこともある。)

以下、3のスマホでの注文について、ちょっと、簡単に紹介してみようと思います。

中国マクドナルド(麦当劳) スマホでの注文方法

まずは、アプリの導入

微信(ウィーチャット)の画面を開いて、「マクドナルド」のアプリを開きます。まだアプリが入っていない人は、検索窓に「麦当劳」と打ってみて、アプリをダウンロードしてください。アプリが入ったら、クリックします。

「点餐外送」→「自助点餐」の順番にクリック

自分が受取る店舗を選択

一番、最寄りの店舗を選択します。現在地から、78米(メートル)離れています。

メニューから商品を選択 

すると、メニュー一覧になります。最初に「企画モノ」があって、「セットメニュー」「単品(飲み物、甘い物)」など、イロイロあります。企画モノは、正直、かなり微妙なのが多いのでスルーして、下にスライド。

そうすると、「超级三点套(スーパー三点セット)」という、なんとなくそれっぽい項目が出てきました。ビッグマックセット フィレオフィッシュなど、日本でもおなじみのセットがが並んでいます。

ここで、フィレオフィッシュ(麦香魚/まいしゃんゆー)のセットを選択します。

 

バーガー、サイドメニュー、飲料  項目を細く設定する

バーガー(汉堡)の設定

フィレオフィッシュセット  25元(約400円)

日本よりは、若干安いかなという程度でしょうか。中国もかなり物価が上がってきましたので、日本とそんなに変わらなくなってきているかもしれません。

あと、フィレオフィッシュの画像下の「点击特制」というボタンを押すと、タレ抜き、チーズ抜きなども可能になります。

タルタルソース(麦香鱼酱)チーズ(吉士)が必要ない人は、チェックボックスを外しましょう。チーズはともかく、タルタルソースを抜く人はあまりいないと思いますが・・・。ちなみに、抜いても値段は変わらなかったはずです。

特に普通通りなら、何もしなくてOKです。

サイドメニュー(小食)を選ぶ 

下にスライドすると、ポテトなどサイドメニュー(小食)の項目が出てきます。

最近は、ヘルシー志向を反映してか「とうもろこし(玉米)」「サラダ(沙拉)」なども選ぶことができます。ただ、マクドナルドのサラダは、キャベツがパサパサであまりヘルシーではありません。

ここでは、中ポテト(中薯条/じょんしゅーてぃあお)を選択します。

 

ドリンク(飲料)の選択

あとはドリンクです。

初期設定では、コーラ(可乐)になっていますが、もちろん変更可能です。横にスライドすると、スプライト(雪碧)、ミルクティー(奶茶)、ダイエットコーラ(零度可乐)などイロイロでてきます。

ここでは、とりあえず、コーヒー(大)(大杯鲜煮咖啡)を選択します。

すると、少し値段が上がって26.5元となります。飲料の種類によって、値段が変わってきます。

 

ちなみに、コーラを選んだ場合、氷の量が調整できたりします。

すべて選んだら、一番下の「選好了」を選択。

その後、お会計に進むのかと、思いきや、「こんなのも、ありますが、いかがでしょうか?」という、オススメ項目が出てきます。

チキンナゲット(麦乐鸡)など、ちょっとした商品が多いです。欲しかったら追加してもいいでしょう。

ここでは、「必要なし、ありがとう。(不、謝謝)」を選択。

イートイン(堂食)か?テイクアウト(外帯)か?

次に「イートイン(堂食)」か、「テイクアウト(外帯)」を選びます。ここでは、テイクアウトを選択。

余談ですが、「堂食」「外帯」は書き言葉のような気がします。カウンターで伝える場合は、イートインなら「在这里吃/ざいざーりち」、テイクアウトなら「打包/だーばお」を使ったほうが、口語的でいいかなと思います。

 

その下は、「现在取餐(今すぐ受取り)」か?「稍后取餐(しばらくしてから受取り)」かの選択。

このあたりは、個人の都合により、選べばいいでしょう。ここでは「现在取餐」を選択します。

さらに、下にスライドすると、発票の要不要の項目があるので、必要ない場合は、チェックを外し、さらに、下の「不需要」にチェックを入れます。

そして、「去支付(支払いへ)」をクリック

再度、自分の取りに行く店を確認して、支払いページへ。

 

通知メッセージが必要な場合は「允许(許可する)」、必要なければ「取消」をチェック。ここでは「取消」をチェックします。

支払い

というわけで、やっと、支払いの画面に到達。

微信(ウィーチャット)の上で、操作をしていたので、自動的に、微信支付(ウィーチャットペイ)で、支払うことになります。

金額が出るので、パスワードを入れて支払いが完了。

受け取り

商品受け取り番号がでてくるので、実際に店舗のカウンターで、この番号を見せて、受け取れば良し。

 

あとがき

以上、設定項目は多いですが、慣れてくると意外と簡単でサクサクできるはずです。また、ここで説明するまでもなく、漢字なので、日本人であれば、ある程度、想像はつくと思います。

ちなみに、こういう注文方式になってから、以前に比べると、オーダーが通らない等トラブルは少なくはなりました。

それでも、たまに「ダブルバーガー頼んだのに、家帰ってみたら、普通のハンバーガーだった!!」とか、残念な出来事もないわけではありません。店だったらそのまま、交換してもらえますが、自宅に戻ってから、わかったところでどうしようもないという・・・。

しかし、そういうことを差し引いたとしても、やはり、スマホで注文できるようになって、我々外国人にとっては、だいぶ楽になったことは間違い無いと思います。