深センで手軽にベトナム料理(越南菜)を楽しめる店 「越厨(viet’s kitchen)」

中華料理に飽きてきたときに、ふと食べてみたくなるのが、エスニック料理ですね。

中国でも、最近、食が多様化してきているせいか、手頃な価格でエスニック料理が食べられるようになってきました。インド料理、ベトナム料理、タイ料理あたりは、かなり本場に近いものが食べられると思います。

今回は、「越厨(viet’s kitchen)」という、ベトナム料理(越南菜)の店について、紹介してみたいと思います。(以下、コロナ前に行ったときのものです。)

深センで手軽にベトナム料理(越南菜)を楽しめる店 「越厨(viet’s kitchen)」

今回、紹介する「越厨(viet’s kitchen)」というベトナム料理屋ですが、場所は「皇岡村」にほど近く、地下鉄「皇岡村」駅から降りて、歩くこと5分くらいのところにあります。以前は羅湖にありましたが、再開発で、店が福田のほうに移動してしまったようです。

ドアに近づくと、門番の店員が、勝手に門を開けてくれます。店内に「歓迎光臨」の声がひびきます。

 

店内は白を基調としたシンプルかつモダンな内装で、以前より広くなった感じがします。

席につくと、店員が注文を取りに来るので、メニューを見ながら決めます。

とりあえず、定番の牛肉湯河粉(27元)とベトナムコーヒー(越南珈琲)(18元)を注文。

 

ここの店員の接客はかなり行き届いていて、距離感が近すぎず遠すぎずで程よい感じです。

実は、この店は、香港人夫婦が経営している個人店舗で、たまに、主人と奥さんが店に顔を出している時があります。

 

天井の大きな扇風機が、いかにも南洋といった感じですす。

 

 

 

待つこと数分、牛肉湯河粉ベトナムコーヒー、がでてきました。

牛肉湯河粉

牛肉湯河粉は、いわゆる河粉(フォー/PHO)と牛肉、もやしと香りのある葉っぱというシンプルな構成。

フォーは、日本のビーフンみたいな食感で食べやすいです。牛肉は、まだ赤みを帯びている部分もあるが、そのまま食べて構わないようです。

食べる前に、薄切りのレモンを絞り器にはさんで絞って入れます。紅いのはチリで強烈に辛いので要注意。

また、スープは、魚系のダシで、あっさりしていて日本人には、馴染みやすい味です。名前は知りませんが、中に入っている葉っぱの香りがアクセントを付けてくれています。

ベトナムコーヒー(越南珈琲)

食後はやはり、ベトナム式コーヒー(アイス)。

カップの上に、瀘過器が置いてあって、ドリップ式?になっています。

上蓋をあけ、確かに、コーヒーが下に落ちきっているのを確認してから、いただきます。

下にミルクが沈殿しているので、かき混ぜて飲んでもいいし、ブラックのまま飲んでもいいという感じ。

このまま飲めば、ホットコーヒーとしても飲めますが、ちょっと濃すぎるかもしれません。

 

アイスコーヒーの場合は、となりの氷の入った容器に入れればよし。ちびちび入れると、かえってこぼれてしまうので、ぐいっと一気に入れてしまうのがコツ。

飲んだ感じは、ちょっとほろ苦くて、炭焼きコーヒーといった感じでしょうか。口当たりがよく飲みやすいです。

「越厨(viet’s kitchen)」 その他のメニュー

ベトナム料理(越南料理)は、中華料理と対照的に、味があっさりしており、日本人には、比較的馴染みやすいです。以下、オススメのメニューについてです。

越式四宝鸳鸯米飯(ベトナム式四宝混ぜご飯)


麦飯?の混じった、見た目に色鮮やかな、まぜご飯(鸳鸯米)が特徴。(39元)

鸳鸯(ゆんやん)というのは、要するにブレンドのこと。四宝(スーバオ)は4種類の肉が選べるということで、とんかつ(猪扒)、豚スライス(猪颈肉)、チキンカツ(鸡扒)、手羽先(鸡翅)など適当に選ぶことができます。

鮮虾米紙巻 蝦のライスペーパー巻

 定番中の定番。新鮮な蝦を、ライスペーパーでくるんだもの。(30元)

ベトナムサンド(越南面包)

ベトナムは、フランスの植民地だったこともあり、西洋風の食事も結構、多いようです。

そういえば、以前、ベトナムへ行った時、道端で、サンドイッチがよく売られてました。

 

「越厨(viet’s kitchen)」 ロケーション

「越厨(viet’s kitchen)」の店舗は、以下の通り。

◯「越厨」福田店・・・・地下鉄7号線「皇岗村」駅(A出口が一番近い)降りて2-3分ほど、福民路沿い。(3号線「石厦」駅からだと徒歩7-8分)。

◯「越厨」華強北店(茂業百貨地下1階)

羅湖本店(深南東路)は閉店中。