深圳地下鉄ミュージアム ~「駅アート」の世界

地下鉄というのは、ただでさえ地下、外の風景がないので、単調で殺風景になりがちですね。また、同じ様な駅ばかりで、とっさに降りようとしても、どの駅かも、わからないなんてこともあります。

日本とかだと、最近は、アニメのキャラっぽいのが増えてきたような気がしますが、深センの地下鉄でも、アートの要素を持ちこんだり、イロイロ、工夫が凝らされています。

(以前、撮影したものを集めただけなので、少ないです。気がついたら、追加していきます。

壁面 (駅構内、コンコース)

9号線「园林」駅、ホームから上がった、駅コンコース内にて、中国各地のラーメン「面」の紹介。

「武汉热干面」「兰州牛肉面」「北京炸酱面」など、中国各地のラーメンの紹介。この駅がラーメンと関係有るのかは不明ですが、なかなかユニークです。

 

「大劇院」駅 1号線と2号線の連絡通路にて、京劇のお面。「大劇院」は、芸術系の催し物が盛んに行われていますが、京劇なんかも見ようと思えば見れるようです。

 

1号線「科学館」駅をでて地下街に行く途中の通路にて・・・サイケデリックな感じは、女性下着の広告みたいです。

 

9号線「人民南」駅、正面改札を入ったところ。この駅は特に、天井が高いので、勢い、絵画もキングサイズにならざるを得ません。

天井

これは確か、11号線の「机場」駅?(だったと思います。) 六角形の穴が空いた天井が印象的。

4号線「深セン北」駅にて・・・地下鉄駅ですが、高架の地上駅となっています。天井の鉄骨が、面白いです。ちなみに4号線は香港地下鉄(MTR)が運営しています。

柱も、ちょっとした工夫をしていたりします。

「福田」駅は、はと。

3号線「田貝」駅はレインボーカラー。確かに、これは目立つ。

ベンチ

何げに置かれているベンチも結構、凝っていたりします。しかし、深セン地下鉄のベンチは総じて硬いので、座り心地の良いものではありません。日本のようにプラスチックっぽい座席だと、助かりますが。

1号線(駅名、不明)にて、風水風

1号線(駅名、不明)これは、何といえばいいのでしょうか。考古学の木棺?

駅の外

 

9号線「文錦」駅は、漢字づくし

駅員さん

中国人は、こういう集合写真が好きです。

このノリは、いったい?? 老街駅、1号線と3号線の連絡通路にて

中国って、時々、こういうことしますね。