深圳宝安国際空港 Ⅱ 深セン市内、広東省各地、香港マカオへのアクセス

前回紹介した「深圳宝安国際空港」からは、深セン市内、広東省各地、香港・マカオなどに向けて、地下鉄をはじめ、エアポートバス、タクシー、フェリーなど、各種交通機関が運行しています。

そして、そのほとんどが、空港ターミナルの南側にある「地面交通中心(GTC)」という建物に集約されており、ここから、各地へと移動することができるようになっています。

GCTの建物も。メインターミナル同様、天井が高く広々として斬新なデザインになっています。内にはバーガーキング、味千ラーメン、セブンイレブンなどの店舗があり、出発まで暇をつぶすことができます。どれも市内より割高ですが、まあ仕方ないでしょう。

以下、深圳宝安国際空港から、深セン市内、広東省各地、香港・マカオへのアクセスについて、紹介してみます。

深圳空港から深セン市内へ

地下鉄(地鉄)

地下鉄11号線「机場」駅が、地下一階にあり、深セン市内の中心、福田駅まで30分で結んでいます。この路線は、途中停車駅も少なく非常に早く、しかも格安です(8元(160円))

ただ「机场」駅は、始発ではないので、必ずしも座れるわけではないというのが難点かもしれません。乗り場は、地面交通中心(GTC)の中央のエスカレーターを降りてすぐのところにあります。

ちなみに、地下鉄1号線にも「机場東」駅というのがありますが、新ターミナルからは、かなり離れています。

エアポートバス(机場巴士)

次に、エアポートバス(机場巴士)です。地下鉄の開通によって、存在感が薄くなりつつある空港バスですが、それでも、そこそこの安さで、座席にゆったりと座って移動できるというメリットがあります。

難点は、30分間隔で運行なので、発車までしばらく、待たなければならないところ。また、降りる場所が決まっているので、目的地が限られてしまうこともあります。

バスは、330と書かれた青い車体が目印。

路線は、以前からある深南大通沿いを走る路線(A1)以外にも、深圳北站方面(A2)龙岗城市候机楼(A4)坪山方面(A5)など複数の路線があります。値段は、路線によって若干違い、だいたい25-35元位となっています。

ちなみに「A1」だと以下のような感じで停車します。
(空港⇒市内)深セン空港 ⇒深航大厦(車公廟)⇒投資大厦(福田)⇒華聨大厦(科学館)⇒羅湖駅西広場の順番に停車。
(市内⇒空港)華聨大厦(科学館)⇒深航大厦(車公廟)⇒深セン空港

詳細はウェブサイトでご確認のこと  深圳机场大巴时刻表(2022最新)

乗り場は、チケットカウンター隣りにある17号門から。

チケットにバーコードがプリントされているので、それを、自動ゲートのセンサーにあてればゲートが開きます。

タクシー(出租车)

GTC(13号門)にタクシー乗り場もあります。24時間運行しているので、地下鉄やバスが、運行していない、深夜、早朝でも利用できます。

深セン市内に向かう場合は、特に問題ないですが、沙井など距離が短い微妙な地域に行く場合は、一応、乗る前に運転手に確認したほうが、いいでしょう。
市内までは、場所によりけりですが、メーター+高速料金で、130~180元(昼間)くらいみておけばいいでしょう。夜間は割増料金が上乗せされます。

白タクの客引きが声をかけてくるかもですが、無視するのが無難です。

バス(公交车)

普通のバスもあります(15号門より)。深圳湾口岸 皇岗口岸、蛇口SCT码头方面などの路線があります。

深圳空港から広東省各地へ

長距離バス(长途汽车)

広東省内のその他各地に向かう場合、長距離バス(长途汽车)が利用できます。行き先は、広州、東ガンをはじめ、珠海、中山、恵州、江門など、広東省各地を網羅しています。

長距離バスの乗り場は、中央のエスカレーターを降りた1階にあります。(8:00-21:30)

穂深鉄路(深セン空港-広州東)

GTCから、やや離れたところ(約400メートル、徒歩6分)に「穂深鉄路(すいしぇん・てぃえるー)」の駅もあります。

「穂深鉄路」は、2019年末に開通したばかりの路線で、深セン空港駅から途中、深セン空港北駅、長安、虎門、厚街、東莞西などを経て、広州東駅へと結んでいます。

深セン空港駅から広州東駅までは、所要時間1時間48分、料金は81元(約1700円)からとなっています。

深圳空港から香港・マカオへ

香港マカオへは、現在(2022年7月)コロナ禍で、どれだけ運行しているかどうか不明ですが、一応、紹介しておきます。

香港マカオバス(港澳巴士)

香港、マカオ方面へは、深圳国際空港から深圳湾イミグレ経由で、香港国際空港及び香港各地、及び、マカオへ向かうバスがあります。(港澳巴士/がんあお・ばーしー)

香港:(行き先)香港空港他、香港の各方面 130-180元
マカオ(澳门):香洲/拱北イミグレ経由 マカオ100元、珠海95元、

フェリー

深圳国際空港の南側に、深圳空港フェリーターミナル(机场码头(福永码头))があり、そこから香港、マカオ(澳门)行きのフェリーが発着しています。また、珠海、中山にも就航しているようです。

フェリーターミナルまでは、シャトルバス(机场码头巴士/16号門より)を利用します。

◯香港:香港空港埠頭(香港机场码头)まで片道約40分。大人片道 普通295元。
◯マカオ(澳门);澳门港澳码头,澳门氹仔 码头 片道70分程度。181元、

深圳フェリーターミナル(時刻表と料金) (2020年1月のものなので、現在、どの程度、就航しているのかは不明)

ヘリコプター(直升机)

ちょっと変わったところでは、マカオ(澳门)へのヘリコプター(直升机/じーしょんじ)送迎サービスなんてのもあります。マカオで一勝負して当てたら、ヘリコプターで遊覧飛行と洒落込んでみるのもいいかもしれませんね。

深セン-マカオ・・・片道、4,700人民元(約9万円)、所要時間15分(夜は25分)

 

深圳空港 周辺のホテル

ちなみに、深セン空港には、ハイアットホテルが隣接しています。

深圳机场凯悦酒店(ハイアット リージェンシー 深セン エアポート)
深圳机场凯悦嘉寓酒店(ハイアット ハウス 深セン空港) 」

これ以外の宿泊施設は、かなり空港から離れた福永寄りにあるとは思いますが、夜は治安が悪いので、不必要にうろうろしないほうがいいと思います。早朝・深夜の発着以外は、なるべく南山区など市内に移動したほうが無難です。