中国のスイーツ(甜品) 定番メニューとオススメのお店

2021年5月11日

深センにいると、いたるところで、スイーツ屋を見かけるかもしれません。夏が長い広東省は、スイーツ(甜品(てぃえんぴん))は欠かすことが出来ない必須アイテムといえます。

幸い、深センは香港に近いこともあり、香港スイーツの有名チェーンも進出しています。また、街中で、意外な穴場ローカル店を発掘してみるのも面白いでしょう。

中国のスイーツ(甜品)ですが、とにかく、メニューが多彩で、初めてだと面食らってしまうかも知れません。写真つきのメニューがあれば、なんとなく、わかるのですが、中華料理と同様、漢字だけのときもあるので、だいたいの分野を知っておくと、注文しやすくなると思います。

以下、以下、スイーツ(甜品)の定番メニューと、オススメの店について、紹介してみます。

スイーツ(甜品) 代表的メニューとオススメの店

双皮奶(牛乳プリン)

広東省顺德をその発祥の地とする、牛乳プリン双皮奶(shuang pi nai)」

一般的なプリンが卵の黄色であるのに対して、真っ白でシンプルな外観をしています。

プレーン(原味/ゆえんうぇい)で食べるもよし、蓮子(はすの実)、小豆、生姜などを入れるもよしで、ヴァリエーションも楽しめます。(写真は:小豆入り牛乳プリン、香港「義順」にて)

香港には、有名店がいっぱいあり、日本語メニューも有るほどですが、深センでも、以下のようなものがあります。

顺德双皮奶  正統派牛乳プリンの店

深センだと「顺德双皮奶」という店で、正統派双皮奶(牛乳プリン)が、格安で食べられます。(一杯、12元程度から)

ここは、牛乳プリンなど甜品が主体ですが、揚げバナナ、パイナップルを器にした南国風料理など、風変わりなメニューもあります。

ローカル度高めの環境なので、入るのに、ややハードルが高いかもしれません。「科学館」のジャスコの裏手に一軒あります。

芒果布丁(マンゴプリン)

ねっとりとした触感と、独特の臭みのあるマンゴー(芒果)は、南国広東省では、欠かせない果物です。

(深センでも、街路にが普通にマンゴーが生っていたりします。)

食材としての用途も、多種多様で、マンゴープリン(芒果布丁)は、その中でも代表的なデザートです。

 

許留山(ホウライサン)  マンゴースイーツの総本山

香港スイーツの有名チェーン店「許留山(ホウライサン)」

マンゴーに関するものであれば、ここは外せません。マンゴー、パパイヤなどの南国フルーツを主体としたヘルシー感覚あふれる一品から、涼茶、亀ゼリーなど伝統的なものまで、ヴァリエーションのあるメニューが特徴。

夏の暑いとき、涼むには最適です。チョコレート鍋といったユニークなメニューもあります。

豆腐花

豆腐の花という、豆腐になる以前の状態のふわふわした食感の食べ物で、非常に素朴な味わいで、うっすらと甘いシロップのようなものがかかっています。

単独でも食べるもよし、他のデザートとコンビでいただくもよし。

自在に、アレンジできるベーシックな一品です。

芝麻糊(ゴマ糊)

「芝麻湖(じーまーふ)」は、スープでもない、ゼリーでもない、何と形容していいかわからない、ふわふわした食感の、黒ごまスイーツです。

まったりとした黒ゴマの香りが漂います。

これ単独でも食べられますが、他とのコンビネーション、例えば「芝麻湖+豆腐花」とかにすると、1度で2度美味しく、スイーツを楽しむことができます。

豆沙(どうしゃー)

「豆沙(どうしゃー)」とは、要するに、日本のお汁粉なのことですが、日本のものとは、なんとなく風合いが違います。

また、小豆のおしるこ(红豆沙/ほんどーしゃ)の他にも、緑豆を使った(绿豆沙/りゅいどうしゃー)などもあり、多彩です。

 

 

凉粉

日本で言う、寒天に当たるのが「凉粉(りゃんふぇん)

それ自体で食べることもありますが、他のスイーツを引き立たせる感じで、脇役的に使われるのが一般的です。

また、りゃんふぇんは、スイーツだけではなく、普通の食材に混ぜて、主食として食べる習慣もあり、用途が結構、広いです。

 

西米露

西米露(シーミールー)は、小さいつぶつぶ状のモノで、単独で食べることはないものの、それが入っていると、なにかゴージャスな雰囲気になるというスイーツの名脇役。

写真は、椰汁(ヤシ汁)に西米露をうかべたもの。

椰汁も、スイーツのベースの役割をはたしています。

 

龟苓膏(亀ゼリー)

これを抜いては、中華スイーツを語れないというのが、亀ゼリー(龟苓膏/ぐいりんがお)。苦いので、甘いシロップをかけながら食べるのが一般的。

伊達に亀と銘打っているわけではなく、実際に亀の甲羅からとった渋のようなもので、ダシをとるのだとのこと。

そういう意味では、スイーツというよりは、薬にも近い存在なので、あまり食べ過ぎると良くないとも聞きます。

スイーツ屋の他、スーパーでカンヅメにされていたり、どこにでも売っています。香港の海天堂が、割と有名です。

蛋挞(エッグタルト)

蛋挞(ダンター)(エッグタルト)は、マカオのモノが有名ですが、広東省であればどこでも売っている一般庶民のおやつです。とにかく安いし旨い(3個10元くらいのものも)

生地は、パン生地とクッキー生地があります。

冷たくなるとまずいので、できれば焼きたてを食べたいところ。

最近、エッグタルトの店を、日本でもよく見かけるようになりましたが、総じてお値段が高いようです。

糖不甩

糖不甩(タンブシュワイ)は、汤圆(たんゆえん)の団子に、ピーナッツなどの粉をまぶしたもの。

中国版、安倍川餅といったところでしょうか。

 

 

班戟(パンケーキ)

班戟(パンケーキ)は、ぱふっとした食感。

中はだいたい、マンゴーかドリアン(榴莲/りゅーりえん)が一般的。

ただ、中国では、ケーキでもそうですが、柔らかすぎてコシがないので、日本人には、少し物足りないかも知れまえん。

 

その他 有名スイーツ店

満記甜品   香港スイーツの定番中の定番

香港スイーツの有名チェーン店「満記甜品」

あまりにも定番過ぎて、紹介するのが、おこがましくなるほど。

紅豆沙、黒ゴマ汁粉、豆腐花といったベーシックなメニューから、マンゴーやドリアンを使ったフルーツ系と、豊富なメニューを味わうことができます。

ただ、ローカルスイーツ屋に比べると、お値段的には、やはり割高になっています。

深センに、地下鉄の駅のそばとか、いろいろなところで、見かけます。